沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

FERNANDES RJB-380 – ノイズ処理、ドータイト処理

Bass Repair of the Day

IMG_4015.jpg

FERNANDES RJB-380

IMG_4016.jpg

フェルナンデスのジャズベースタイプ。

IMG_4017.jpg

ピックアップはシングル2発、2ボリューム1トーンのシンプルな仕様。

ジャズベースはノイズが目立ちやすいのですが、片側だけで無く並列で使っていてもかなりのノイズがあったのでノイズ処理を行いました。

IMG_4018.jpg

ピックガードを外してプレートを外すとこんな状態。

ワイヤリングも同時に綺麗にまとめます。

IMG_4019.jpg

一旦全てのパーツを外し、キャビティ内に導電塗料を塗る準備。

ポットのあるコントロールキャビティ内、ピックアップ下キャビティにドータイト(導電塗料)を塗ります。

IMG_4020.jpg

塗装につかないようにマスキングします。

IMG_4021.jpg

何回かに分けて塗り重ねます。

乾燥後に導通を確認。

IMG_4022.jpg

プレートの下には銅箔を張り、ピックアップのコイル部も銅箔で覆います。

IMG_4023_20190819113847b06.jpg

キャビティと設置するように銅箔を張ります。

IMG_4024_201908191138485e9.jpg

それらを全て1点アースにて集めなるべく電位差が大きくならないように調整。

IMG_4025.jpg

ブリッジ下の弦アースも新しいワイヤーに変えました。

IMG_4026_201908191139265d4.jpg

ナットの溝が恐ろしく低かったです。

初心者は購入時のベース弦の太さ(ゲージ)に慣れず細いゲージの弦に変える事もあると思います。

弾きやすくなるし何も問題無いと思われるでしょう。

ただ弾き始めの頃は弦の張り方、伸ばし方が分からないのでチューニングが安定せず、何度もペグを巻き直してチューニングを合わせると思います。

出荷時の弦の太さに合わせてナットの溝を掘ってあるのですが、細い弦に変えた場合この溝に隙間が生まれます。

ここを何度も何度もチューニングの度に弦が行ったり来たりするので溝がけずれ易くなります。

また純正のナットは安いプラスティック製が多く、耐久性も弱いです。

今回は現在ご使用のゲージに合わせて牛骨で作り直します。

IMG_4028.jpg

ナットのスロット幅にぴったり合うように整形します。

IMG_4029.jpg

溝の弦の太さに合わせて、高さも調整。

IMG_4031.jpg

ドータイト処理で驚くほどノイズは無くなります。
ノイズに悩まされている方は是非ご相談下さい。

ギター、ベースのノイズ処理、修理はお問合せ下さい。

メールの方は こちら から


スポンサード広告
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG