沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

GIBSON Thunderbird – フレット交換

Bass Repair of the Day

IMG_1169_20190527112241666.jpg

GIBSON Thunderbird

IMG_1170_201905271122425c7.jpg

ギブソン サンダーバードⅣ。

IMG_1171_201905271122443ff.jpg

かなり弾きこまれた状態でフレットが大分すり減っていたので交換致しました。

IMG_1172_201905271122453ee.jpg

フレットのすり減りと同時にところどころフレットが浮いています。

IMG_1173_20190527112246107.jpg

指板が波打っているような感じ。

持ち込まれた時点でネックの状態があまり良くなくトラスロッドに余裕がありませんでした。

フレット交換に伴い指板を研磨し修正します。

IMG_1174.jpg

フレット交換時に使用するネックジグですが、エレキギター、ベース、アコギなど殆どの機種に対応するようボディを支える台座スタンドの穴位置が掘られていますが、サンダーバードの形状だけは1点穴位置が合わず、臨時のジャッキで支えています。

ネックジグは指板のアールを修正する際には必須の調整台で、弦を張って撓んだ状態のネックを再現出来るので、指板やフレットを真っすぐに研磨するのには欠かせません。

どんなギターやベースも、セッティングが完全に整った新品の状態を100とすると、長年の使用や経年でセッティングに狂いが出ます。木材の変形も伴う為、年月が経てば経つほど・使えば使うほど、完全な状態に戻すのは難しくなります。それでもなるべく100のうち90位には近づけられるよう修理をしています。

その少しの誤差を、このネックジグは埋めてくれます。

ネックジグにベースを固定して、弦を張ってチューニングを合わせた状態で、ネックの下のダイヤルゲージのメモリが0になるようにセットします。

IMG_1175_20190527112249d62.jpg

この状態でフレットを全て抜きます。

IMG_1176_2019052711225165d.jpg

劣化したフレット周りのエボニーは脆いので、オイルを染み込ませながらゆっくり丁寧に抜いていきます。

IMG_1178_201905271122535cc.jpg

全てのフレットを抜き終わりました。

IMG_1180.jpg

弦を張ってチューニングを合わせた状態でメモリを0に合わせましたが、弦を外すとネックはかなり動きます。

具体的には弦を張っている時はストレートだったネックは、弦を外すと逆反り(両端が下がって真ん中が上がっている状態)になります。

指板を研磨するには弦を外さないといけないのですが、逆反りになった状態で指板を研磨してストレートに合わせた場合、弦を張った時には真ん中が凹みます。(順反りのような状態)

ネックジグは、ネックジグ上で弦を外して逆反り状態になったネックヘッドの裏を持ち上げ、弦を張っている時と同じ状態を作り出せます。基準は先ほど合わせたメモリの位置です。

現在弦を外した状態で、ネック下のダイヤルメモリは 0を指しています。

ネックに弦を張っていた時と同じ状態です。

この状態で指板がストレートになるように研磨します。

IMG_1181_201905271123220d9.jpg

ストレートにするのと同時に、指板のアール(ラジアス値12)も揃えていきます。

IMG_1182_20190527112324e76.jpg

ラジアススケールに書かれた7.25インチは、Fenderのビンテージタイプの値。

12インチはギブソン系に多いラジアス値。

IMG_1183_20190527112325c42.jpg

かなり削りましたが、ポジションマークが消える事無く綺麗に仕上がりました。

IMG_1184_20190527112327fce.jpg

指板を削ったので、フレットのスロットも浅くなっています。

新しいフレットの足の高さにあうようにノコギリで再度溝を切り出します。

IMG_1185_201905271123284ea.jpg

その後、フレットをラジアスの値にあうように曲げます。

IMG_1186.jpg

指板のアールが綺麗に揃っていて、フレットのアールが揃っている場合は、フレットプレスで打ち込む場合、スパッと入ります。

IMG_1187.jpg

ハイフレットはハンドプレスが入らないので、このような治具でプレス。

IMG_1188_20190527112333d49.jpg

実際はプレスだけでなく、昔ながらのハンマーも併用します。

IMG_1189_201905271123344cf.jpg

フレットを全て打ち終わりました。

IMG_1190_2019052711233643d.jpg

もう一度同じようにネックジグにセットして、フレットの段差を水平に整えていきます。

綺麗に打ちこまれたフレットでも、必ずデコボコがあるので研磨を行います。

IMG_1191_20190527112358aea.jpg

頭を研磨したフレット面をアールがつくように、1本1本仕上げていきます。

IMG_1192_201905271124003af.jpg

研磨、ポリッシュまで終わった状態。

IMG_1193_20190527112401ff4.jpg

フレットエンドも引っ掛かりが無いように綺麗に丸く仕上げます。

IMG_1194_20190527112403e52.jpg

IMG_1196_2019052711240435b.jpg

IMG_1200.jpg

IMG_1201.jpg

IMG_1202.jpg

古いギターやベースも、フレットが新品になると、全く印象が変わりますね。

ベースの調整、メンテナンス などはご相談下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


NO IMAGE

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG