沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

12月14日 -Takamine DMP181AC – ステンレスフレット交換

Guitar Repair of the Day

IMG_9166_201812141019509d2.jpg

Takamine DMP181AC

IMG_9167_20181214101951c83.jpg

タカミネのアーチドトップボディが特徴のアコースティックギター。

トップ、バック共にメイプルを使用したソリッドなサウンドが印象的でした。

IMG_9169_2018121410195370e.jpg

フレットがかなりすり減ってきたのでフレット交換の依頼でした。

IMG_9170.jpg

エレキに比べ太いゲージを使用するアコギはローコード部分のフレットの減りが早いので、フレット交換の際はステンレスをお勧めしております。

IMG_9174.jpg

ネックジグにセットして、弦を張ってチューニングを合わせ、弦を張ったのと同じ状態をキープしながら、ストレート状態のネックからフレットを抜いていきます。

IMG_9175_201812141019571d8.jpg

エボニー指板にオイルを塗り、フレットの溝に染み込ませます。

これを行うのと行わないのとでは、フレットを抜く際の指板欠けのトラブルが全然違ってきますね。

IMG_9176.jpg

全て抜き終わりました。

IMG_9179.jpg

フレットを全て抜くと、若干のネックの反りがあり、またステンレスフレットを打ちこんだ後はネックの変動があります。

これを考慮して指板を整えてフレットを打ちます。

ネックジグを使う事で、フレットを打った後のすり合わせを極力減らし、また弦を張った状態でストレートになるように作業出来ます。

弦を抜く前にトラスロッドを回してネックをストレートにしたのですが、抜いた後はこのくらい順反りになりました。

IMG_9180_20181214102002e50.jpg

指板を研磨してストレートにします。

IMG_9181_2018121410200328b.jpg

指板にチョークを塗ってポジションごとの削れ方をみます。

IMG_9182_201812141020479a8.jpg

高い部分を見分けながら調整。

IMG_9183_20181214102049df7.jpg

ラジアスゲージに合わせて微調整。

IMG_9184_20181214102050cd0.jpg

ストレートになりました。

IMG_9185_20181214102052e6f.jpg

バインディングがあるギターの場合、指板を研磨した際に角が立ってきます。

触れても痛くないように角を落としていきます。

IMG_9186_20181214102053f1f.jpg

今回はStewmacのステンレスフレットを使用。

IMG_9187_20181214102055a5f.jpg

指板を削っていったので溝が浅くなっています。

溝のゲージに合わせて、中心部を溝切り。

IMG_9188_20181214102056f96.jpg

フレットプレスで打ち込んだ際にぴったり、スパッと入るように、ステンレスフレットはラジアス値を正確に曲げる必要があります。

IMG_9189_20181214102058ffe.jpg

切断完了。

写真は撮り忘れましたが、この後バインディングの端に合わせ、タングを切ります。

硬いから本当に時間が掛かります。

IMG_9191_2018121410205975d.jpg

ハンマーで軽く叩いてセットした後、プレス器で固着。

IMG_9192_20181214102101e29.jpg

ハイフレットはサウンドホールからセット。

IMG_9193_20181214102127fde.jpg

全て打ち終わりました。

IMG_9194_201812141021283f5.jpg

全体の高さを合わせる為にすり合わせ。

IMG_9195_201812141021301a3.jpg

頭を軽く落としてから、フレットを丸くするようにクラウンを整えます。

IMG_9196_20181214102131595.jpg

研磨、ポリッシュを経て完了。

光り輝いてます。

IMG_9173.jpg

ナットは1フレット側が欠けていたので交換。

IMG_9197_20181214102157d4b.jpg

牛骨のブロックを削り出していきます。

IMG_9198_201812141021595a7.jpg

ナットの溝に合わせて微調整し、ライトを当てながら隙間が無いのを確認。

IMG_9200_20181214102200a65.jpg

IMG_9201_201812141022026b4.jpg

ナットも研磨、ポリッシュをして完了。

IMG_9202.jpg

IMG_9203_20181214102205ef8.jpg

ステンレスに変える事で、コードの分離が格段に良くなります。

最初はタッチの違いに違和感がありますが、30分も弾いていれば慣れてきます。

ステンレスへの交換は通常のフレット代金+10,800円増しとなります。

通常のフレット、ステンレスフレットへの交換 は是非お問合せ下さい。

メールの方は こちら から

宜しくお願いいたします。


最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG