沖縄県北谷町にてギター アンプ AMP修理 ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ 中古楽器 オーダーケーブル ギターシールド パッチケーブル スピーカーケーブル Amp Guitar Repair Okinawa 沖縄

Guitar Repair of the Day

IMG_5568_20191108131944af7.jpg

Takamine PT106

IMG_5569.jpg

タカミネのPT106 アコースティックギター。

フレットがビビるとの事で持ち込まれました。

IMG_5574.jpg

ネックジグにセットして各所計測。

IMG_5573.jpg

フレットの高さをチェックすると高さが不揃いな箇所がいくつか。

IMG_5576_20191108132058920.jpg

上面をすり合わせして平にします。

IMG_5578.jpg

平にしたフレット上面を半円状のラウンド型になるように専用のヤスリ等で仕上げます。

IMG_5579.jpg

ポリッシュの終わった状態。

IMG_5580.jpg

これで詰まりは解消。

IMG_5572.jpg

そしてビビりのもう一つの原因、ナット。

ナットの溝に隙間が見られます。
ここがキーンと鳴って耳障りでした。

IMG_5581_20191108132144e21.jpg

牛骨製のナットブロックを削り出します。

IMG_5583.jpg

スロットに隙間が無いか確認し

IMG_5585.jpg

高さをサンダーで調整

IMG_5587_20191108132206116.jpg

弦を張って溝の深さを調整

IMG_5588_201911081322065ee.jpg

最後にトラスロッドを調整しながら全体チェック

IMG_5590_201911081322328e0.jpg

ボディをポリッシュして完了。

フレットにガタが出てしまったりビビりが出る時には、ネックのコンディションが関係する場合が多いです。

ネックが反るのと同時に指板も反ってきます。
木材は水分を多く含んだ時は膨張し、乾燥して水分が抜ける際は縮みます。

これらを繰り返す時に指板に食い込んだフレットが浮く場合も多く、フレットの高さがデコボコになることで詰まりが生じます。

フレットを叩いて戻しても指板側の木が変形している場合はフレット上を削りすり合わせにて上面を揃える事となります。

常日頃フラットなネックの状態をキープする事が大事です。

エレキギターやアコースティックギターの修理、メンテナンス 等は 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743


スポンサード広告
最新情報をチェックしよう!
>SPREAD SOUND スプレッドサウンド

SPREAD SOUND スプレッドサウンド

PU交換、フレット ナット交換、塗装、アンプ修理、オーバーホール、真空管交換 、ケーブル製作 ギターシールド パッチケーブル 、オーディオ スピーカー ケーブルオーダー 、ワウ 改造・修理・リペア・モディファイ、音響機器修理、楽器委託販売しております!!

CTR IMG